>  > くすぐったがりの私にはあまり向いてない

くすぐったがりの私にはあまり向いてない

巨乳ソープの女の子と手をつないで階段をのぼり、プレイルームに入って1人がけのソファーに座ったところで改めて三つ指ついてご挨拶です。トークもそこそこに風俗嬢から即フェラしてもらって、盛り上がったところで、女の子の服を脱がせてベッドへ改めてフェラチオからコンドームつけて挿入です。ローションを仕込んでいるのでぬめり感が違うというかなんかやっている感じが希薄なんですよ・・っていいながら騎乗位で思いっきり精液どばばっと発射しました。なんか生気を吸い取られて感じでベッドに寝そべってました。それから飲み物を入れてもらって軽く休憩しながらトークですよ。バスタブに案内されてそこでもいちゃいちゃちゅっちゅしながら軽く巨乳でパイズリしてもらいます。ボリュームたっぷりのおっぱいでのパイズリはやっぱり気持ちがいいですね。そのあと初のマットプレイを体験をするものの、くすぐったがりの私にはあまり向いていなかったみたいで今一波がきませんでしたね。

[ 2014-11-18 ]

カテゴリ: ソープ体験談